船山てる

船山てる(ふなやまてる:生年不明~)

系統:山形系

師匠:

弟子:

〔人物〕山形県米沢市花沢町代坂に住んでいた新型こけしの描彩者船山嘉作の妻女。
てるも描彩を行ったが、木地は当時米沢市清水町にいた橋本力蔵の挽いたものである。〈鴻・第2号〉によれば昭和15年前後ころ、都会のデパート、各地の温泉場へ大量に売り出されたという。
生年月日、没年月日等は不明。
 
〔作品〕下掲のように伝統こけし風の描彩も行ったが、伝統性は希薄である。当時米沢で作られていた山形系作者(小林吉太郎の弟子達等)のこけしを参考にした一般型であろう。

 
〔14.2cm(昭和15年頃)(高井佐寿)〕

下掲は蔦作蔵を意識した作と思われる。


〔19.1cm(昭和15年頃)(高井佐寿)〕

なお、佐藤桝男のこけしが一時船山てる名義で出たことがあった。

〔伝統〕山形系一般型

 

〔参考〕

[`evernote` not found]