盛元吉

盛元吉(もりもときち:1874~1918)

系統:津軽系

師匠:盛与助

弟子:盛秀太郎

明治7年8月8日、青森県温湯温泉の養蚕業盛与助、はるの長男に生まれた。貞吉、角太郎、慶太郎、慶次郎、健蔵、しえ、しよの弟妹がある。
明治28年、温湯の毛利与七の妹のよしと結婚した。よしとの間に秀太郎、栄太郎、みさ、まる、秀三郎、みつ、みやの三男四女をもうけた。
与助は、家業養蚕業の合間に木地業をも営み、長男秀太郎に木地の技術を教えた。長おぼこも作ったというが与助の作品は残っていない。彼の代に絶えたの長おぼこを秀太郎が復活したことになっているが、秀太郎のこけしにどの程度与助の様式が継承されていたか不明である。
秀太郎の直胴にロクロ模様だけのもの、あるいは簡単な牡丹を配した細長い長おぼこはものを古型の長おぼこといっており、あるいは元吉時代の長おぼこを偲ばせるものかもしれない。
元吉の家は温湯の旧家八軒のうちに入っており、祖父は専四郎である。
大正7年12月15日没、行年45歳。

[`evernote` not found]