盛與助

盛與助(もりよすけ:生年不明~)

系統:津軽系

師匠:盛専四郎(専之丞)

弟子:盛元吉

〔人物〕青森県南津軽郡山形村大字温湯の木地師。盛家は代々木地業に就き、祖父専四郎、父専四郎(専之丞)に継いで與助も木地業に就いた。與助の長男が元吉、元吉の長男が秀太郎である。生没年月日は不詳。
小児エツコ、子供槌など玩具類を作っていたことは確かであり、おそらくこけし(長おぼこ)も作っていたと思われるが作品は未確認である。

明治年間に各地で開催された博覧会、共進会には数度にわたり木地製品を出品している。
明治28年に京都岡崎公園で開催された第4回内国勧業博覧会には、木地製品の小児エツコと子供槌を出品している。この時の製作者は長男の元吉であった。

  
第4回内国勧業博覧会 津軽からの出品(玩具の区分)

木地製品の区分に出品した茶臺、茶入等は與助の製作、出品によるものであった。


津軽からの出品(木地製品の区分)

明治36年に大阪市天王寺今宮で開催された第5回内国勧業博覧会には、木地製品の杓子と檮衣杵を出品している。


第5回内国勧業博覧会 津軽からの出品

明治41年に福島で開催された第6回奥羽六県聯合共進会には杓子を出品している。


第6回奥羽六県聯合共進会

〔伝統〕津軽系温湯

〔参考〕

  • 山本陽子:内国勧業博覧会とこけし産地の木地業〈きくわらべ・4〉(令和2年10月)

 

 

[`evernote` not found]