第1回内国勧業博覧会

明治10年8月から11月30日にかけて、上野の寛永寺本坊跡に建てられた煉瓦造の美術館を中心にして開催された博覧会。初代内務卿大久保利通の提案により、内務省の主導で開催された。
明治政府は明治6年のウィーン万国博覧会に初めて公式参加して日本館を設置し、また岩倉視察団を送ったこと等により、勧業博覧会開催の意義を認識して明治9年の自国での開催を計画した。西南戦争により一時開催が危ぶまれたが、予定通り実施された。日本では江戸時代から博物学(本草学)的な関心をもとに多くの物産会は行われていたが、勧業という名を冠して殖産興業を目的とした博覧会はこれが最初であった。
しかし、多くの人々にとって「博覧会とは何か」が正しく認識
されていなかったため、出品物の収集は各府県の出品取扱人の裁量による勧誘によって行われたというのが実情であった。
上野公園に設けられた約10万平方米の会場には、美術本館、農業館、機械館、園芸館、動物館が建てられ、寛永寺旧本坊の表門の上には大時計が掲げられた。また、公園入り口に造られた約10メートルのアメリカ式の地下水汲み上げ用風車(下掲図版参照)が備えられ、また上野東照宮前から公園にかけての数千個の提灯が掲げられた。入場者数は延べ45万人に達したが西南戦争やコレラの流行もあって大久保利通の期待を下回り、財政的には満足できる結果ではなかったと大久保はイギリス公使Sir Harry Smith Parkesに語っていた。しかし、勧業政策としての内国博の有用性は十分認識され、以後の博覧会の元型となった。

明治10年上野内国勧業博覧会 河鍋暁斎筆

この内国勧業博覧会に宮城県弥治郎の佐藤常治(飯坂の佐藤栄治の師匠)がこけし等の木地製品を出陳している。「佐藤常治 躑躅材玩具木偶  長尺 五寸五分 金一銭五厘」という出品時(明治10年7月)の出品物説明書が残っている。の時、常治が木偶のほかに出品したのは茶入れ、茶台、煙草入れ、独楽など7点ほどであった。ちなみに独楽は径尺  1寸5分で3銭であった。


明治十年七月内國勧業博覧会出品物説明書(高橋五郎蔵)

[`evernote` not found]