阿部四郎兵衛

福島県土湯の名主で、木地業も行っていた。当主は代々家名の四郎兵衛を名乗った。弘化2年君ケ畑(1845)、嘉永2年蛭谷(1849)、安政4年蛭谷(1857)、明治5年君ケ畑(1872)の氏子狩に応じている。
また延宝式年検地帳には阿部(安部)四郎兵衛として「明戸鮒下畑七間二間半拾八歩、菅沢下畑二十間十四間九畝九歩、松下下畑十間半三間半壱畝歩、後上畑五間四間廿一歩 後屋敷九間弐間半廿一歩」の記載がある。阿部四郎兵衛家は農地も十分に持っており、農業の傍ら木地業を行っていたことが分かる。
明治5年に氏子狩に応じた四郎兵衛には、長男國松、二男辰之助、長女ソノ、三男利助、四男栄七、次女タカがいた。
國松、辰之助は木地を挽いたが、こけしは作らず、主な製品は盆、茶壷、煙草入れ、ロウソク立て、箸立てなどであったという。おそらく四郎兵衛も同様であったであろう。
明治9年1月31日没。家督は四男栄七が継いだ。

〔参考〕

  • 佐藤泰平:土湯木地屋変遷〈土湯木でこ考・第3集〉(木でこ庵)(昭和37年2月)
  • 橋本正明:土湯における氏子狩の木地屋〈こけし手帖・121〉(昭和46年4月)
[`evernote` not found]