タグ別アーカイブ: 遠刈田

田代寅之助

遠刈田に足踏みロクロ(一人挽きロクロ)を伝えたという木地師。 東京本所の人で、日光の菅原熊吉のもとて1年ほどを仕事をしたのち、仙台の高橋胞吉のところに寄り、そこで遠刈田新地に木地屋が多いと教えられて、明治18年旧1月16… 続きを読む

仕送り制度

遠刈田木地業において、木地職人と木地物販売業者(木地商)との間で取り行なわれた制度。あらかじめ木地物の工賃を定めておき、木地商は職人たちに木地材料や動力等を提供し工賃制で生産させ、その代償として仕送り通帳を介して生活必需… 続きを読む

みやぎ蔵王こけし館

 みやぎ蔵王こけし館は、宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉新地字西裏山36-135にあり、正式名称を「蔵王町伝統産業会館」という。 「伝統工芸品に関する技術技法の保存・研修・実演指導、宮城県内に有する伝統的工芸品の展示を筆頭に… 続きを読む