大沼秀則

大沼秀則(おおぬまひでのり:1959~)

系統:鳴子系

師匠:大沼力

弟子:

〔人物〕昭和34年10月7日、宮城県玉造郡鳴子町新屋敷のこけし工人大沼力の長男に生まれる。
昭和53年4月高校を卒業してから父の大沼力について木地を学び、こけしを製作するようになった。秀則名義作品は昭和54年から出している。
 
大沼秀則 平成27年6月
大沼秀則 平成27年6月


大沼秀則 平成30年9月 全国こけし祭り会場

〔作品〕大沼力の本人型を継承することからこけしの製作を始めた。
堅実な作風で、安定感のある鳴子の典型的な様式である。


〔 30.3cm (平成2年)(高井佐寿)〕

祖父の大沼誓の古作を何本か見て研究する機会があり、誓型にも挑戦するようになった。


〔 19.6cm (平成29年8月)(橋本正明)〕誓型試作

平成30年3月に父力が亡くなったこともあり、祖父大沼誓の型に熱心に取り組むようになった。


〔右より 25.0cm、18.7cm(平成30年8月)(橋本正明)〕大沼誓型二種

〔伝統〕 鳴子系利右衛門系列

 

〔参考〕

大沼力・秀則 こけし工房

 

[`evernote` not found]