菅野昭一

菅野昭一(かんのしょういち:1935~)

系統:遠刈田系

師匠:我妻吉助

弟子:菅野利男

〔人物〕昭和10年3月1日、宮城県白石市の鳶職菅野松吉、ミエの長男に生まれる。
白石中学校を卒業後、昭和25年16歳より我妻吉助に師事して木地を修業した。相弟子には六郷満がいた。昭和35年に独立し、こけしの製作を行った。妻の広子は新型こけしの描彩を行う。弟の菅野利男に木地の指導を行った。
 

〔作品〕我妻吉助のこけしを継承している。


〔21.2cm(昭和60年)(高井佐寿)〕

〔伝統〕遠刈田系吉郎平系列

 

〔参考〕

[`evernote` not found]