新山敏美

新山 敏美(にいやま としみ:1956~)

系統:弥治郎系

師匠:新山慶美

弟子:なし

〔人物〕 昭和31年4月6日、米沢市白布温泉新山慶美の次男に生まれる。中学在学中より父慶美より木地を習い、15歳ころよりこけしも作るようになった。それ以後市販などはおこなわれず高校卒業後は別の仕事に就き市内笹野へ転居したが、平成元年夏ころ実家店頭にて少数販売した。平成4年頃から幸太型を作り、平成5年には父慶美・兄純一とともに友の会例会で幸太型を頒布した。それ以後は作ってないようである。

〔作品〕 その当時の慶美の作を忠実に写していた。

toshimi
〔18.3cm(平成5年)(庄子勝徳)〕

他に曾祖父幸太やその師匠茂吉の型も作った。


〔右より 18.0cm(平成4年)幸太型、18.0cm(平成6年)茂吉型(高井佐寿)〕

〔伝統〕 弥治郎系幸太系列 幸太-慶治-慶美-敏美

[`evernote` not found]