料治熊太

古美術研究家、評論家。朝鳴と号した。
明治32(1899)年7月10日岡山県都窪郡に生まれる。関西中学卒業後、大正8年に上京して、国学院大学で折口信夫の講義を受講、翌年雑誌記者として研究社に入社した。関東大震災後に博文館に移り、雑誌「太陽」の編集に関わった。昭和3年、博文館を退社してから著述活動に入り、また、この頃会津八一の門下となり古美術の研究に専念した。八一に心酔した熊太は、昭和4年自らの住居を八一の家の近くの西落合に移した。また内田魯庵、野尻抱影らとも親しく付き合った。同4年から〈白と黒〉を創刊、そのあと〈版芸術〉や〈郷土玩具集〉、〈おもちゃ絵集〉など5種類の版画誌を発行した。棟方志功、前川千帆、谷中安規らと親交を深め、版画誌では若手の版画家に発表の機会を与えて育てた。また自らも生活に密着した素朴な風合いの木版画を制作した。
戦後は古美術の評論に専念、〈茶わん〉等の諸雑誌に執筆する。また、民俗雑器の収集家としても知られる。著書に〈会津八一の墨戯〉〈日本の土俗面〉〈古陶の美〉〈そば猪口〉などがある。
昭和57年2月1日脳血栓のため東京都新宿区西落合の河井病院で死去した。行年84歳。

料治熊太は、孔版画の板祐生を世に出した人でもある。〈版芸術〉の中の『山陰道玩具集』に祐生の孔版画を載せたことで祐生は世に知られるようになった。板祐生は、木村弦三の〈陸奥の小芥子〉の挿絵を孔版画で作ったことで知られる。

こけしの世界で、料治熊太という名前は、古こけしを蒐集した人としても出てくる。

まず、名和コレクションの大正期高橋寅蔵(鳴子)は料治熊太が蒐集したものだった。それが渡辺鴻、すなわち昭和15年頃に京王線代田橋から和田堀給水場にそって二分ほど歩いた住宅地にこけしの蒐集家のサロンとなった茶房鴻を開いていた人の手に渡り、それが名和美容室の名和好子・明行夫妻のもとに収まった。〈古計志加々美〉原色版に載った異色の寅蔵だった。

次は、鹿間時夫旧蔵の佐藤栄治(飯坂)の発見者であり所蔵者としてその名が出る。この栄治は、飯坂若葉町遊郭の遊女の持ち物であった。料治熊太が若葉町遊郭に遊んだ時、遊女のもとにあった栄治のこけしを見つけて、懇願して譲り受けたてきたという伝説がある。

飯坂若葉町遊郭

飯坂若葉町遊郭

このこけしは後にやはり渡辺鴻の手に移り、〈古計志加々美〉に掲載された。そしてさらに鹿間時夫の手に渡る。鹿間時夫は出征にあたって、コレクションの中からこの一本を携えて満州に渡り、戦後満州から朝鮮を下って徒歩で帰還する際にも、リュックの中にこの一本を偲ばせて持ち帰ったのである。この名物栄治は料治熊太のお陰で今日に伝わる。

佐藤栄治(飯坂) 〔26.3cm(大正後期)(鹿間時夫旧蔵)〕
佐藤栄治(飯坂) 〔26.3cm(大正後期)(鹿間時夫旧蔵)〕

[`evernote` not found]