小川文男

小川文男(おがわふみお:1950~)

系統:遠刈田系

師匠:佐藤哲郎/佐藤雅弘

弟子:

〔人物〕 昭和25年5月5日、宮城県亘理郡亘理町逢隈神宮寺の農業小川隆の二男に生まれる。昭和48年、小室由一に影響を受けて、こけし工人を志し、会社勤務の傍ら木地の修業を始めた。こけしの製作は昭和53年12月より始めている。昭和56年10月より仙台の弥治郎系工人佐藤雅弘の工場で木地の修業を続け、さらに同年11月からはこけし製作に関して遠刈田の佐藤哲郎の指導を受けるようになった。その後、故郷に近い岩沼に戻り独立した。
師匠の佐藤雅弘は家族がいないので晩年は一人で暮らしていたが、小川文男は亡くなるまでその面倒を見ていた。

〔作品〕初期の作品は小室由一の作風に似て、面描に張りがあり、緊張感のある表情のこけしを作った。

〔24.6cm(昭和55年10月)(橋本正明)〕
〔24.6cm(昭和55年10月)(橋本正明)〕

佐藤哲郎から薫陶を受けるようになると、表情は甘美に流れず、剛直で端正、吉郎平系列の持ち味を出したこけしを製作した。


〔24.0cm(昭和61年)(高井佐寿)〕

 

系統〕遠刈田系吉郎平系列

〔参考〕

[`evernote` not found]