新山匠太

新山匠太(にいやましょうた:1987~)

系統:弥治郎系

師匠:新山吉紀

弟子:

〔人物〕 昭和62年4月19日宮城県白石市福岡八宮弥治郎北のこけし工人新山吉紀、真由美の長男に生まれる。平成19年3月花壇自動車整備大学校を卒業した後、自動車の整備士として勤務した。平成22年に結婚、夫人久美子との間に二子がある。
実家がこけし作りであったため、小さい頃からいたずら程度に木地を挽いていた。折にふれて作ったこけしが蒐集家の手に渡ったりしていたが、本格的に製作の気持ちを固めたのは平成27年ころからで、平成28年1月には弥治郎の工人組合にも加わり、正式にこけし工人として活動を開始した。 こけし界への正式デビューは、平成28年1月の名古屋こけし会頒布である。
両親の作風を継承しているが、清新溌剌とした作品である。

新山匠太 平成28年
新山匠太 平成28年 (Facebook 弥治郎こけし村より)

〔作品〕 市販はしていなかったが、平成20年代の中頃から、匠太のこけしは限られた範囲の蒐集家には知られており、その試作した作品は平成27年9月の東急ハンズ名古屋店における展示・即売会「東北伝統こけしの集い」や各地の新山吉紀・真由美の実演の折などに、蒐集家の手に渡ることはあった。

〔15.5cm(平成27年)(橋本正明)〕 試作時代
〔15.5cm(平成27年)(橋本正明)〕 市販以前の作

下掲写真のこけしは、名古屋こけし会で正式に頒布された最初の作品。
新山一家の作品として、破綻のない完成されたこけしとなっている。

〔いずれも6寸(18.2cm)(平成28年1月)(矢田正生)〕 正式に初頒布された作品(名古屋こけし会)
〔いずれも6寸(18.2cm)(平成28年1月)(矢田正生)〕 名古屋こけし会で最初に頒布された作品


〔18.6cm(平成29年10月)(橋本正明)〕

系統〕弥治郎系新山系列

〔参考〕

[`evernote` not found]