小幡福松

小幡福松(おばたふくまつ:1898~1968)

系統:土湯系

師匠:小幡末松

弟子:

〔人物〕明治31年12月7日、福島市置賜町31番地の小幡末松、ヨフの長男として生まれる。兄弟に二男善作、三男徳松、四男(夭折)、五男秀松、六男儀松がいるが、このうち、木地描彩に関係したものは福松、徳松、秀松の三名で、一時作者として伝えられた儀松は木地に関係はない。
明治45年ころ、15歳前後から父末松について木地を修業。引き続いて父祖伝来の木地業を継承し、こけしも作った。
大正13年9月、佐藤チヨと結婚。大正14年五男の秀松(明治44年7月13日生)が15歳で末松について木地の修業を開始した。以後昭和7年まで福松と共に木地を挽き、こけしも作った。また、二男善作と三男徳松は理髪業で身を立て、徳松は描彩者としてのみ福松、秀松に協力した。
昭和7年4月、福松、チヨの長男敏夫が生まれた。同年6月、秀松が木地をやめて海軍へ入団し、横須賀へ移った。以後、福島では福松一人で木地を挽いた。昭和14年佐藤静助のいた工場(当時の福島市殿田町10)に移り、動力を導入した。
このころから、妻のチヨがこけしの木取り、仕上げなどを手伝うようになった。
昭和38年ころより敏夫の妻奈津子がこけしの木地挽きや、描彩を手伝うようになった。
昭和43年2月24日没、行年69歳。
 
〔作品〕

描彩者の鑑別点〈木の花・3〉

 


〔 13.0cm(昭和初期)(高橋五郎)〕秀松描彩


〔右より 13.0cm、6.5cm(昭和6年3月)(鈴木康郎)〕 橘文策旧蔵 秀松描彩


〔21.3cm(昭和8年9月)(鈴木康郎)〕 野々垣勇吉旧蔵 


〔 21.8cm(昭和9年頃)(日本こけし館)〕深沢コレクション 徳松描彩


〔 12.7cm(昭和12年)(日本こけし館)〕 深沢コレクション 徳松描彩

 

 

〔伝統〕土湯系松屋系列

 

〔参考〕

[`evernote` not found]