土谷幸作

土谷幸作(つちやこうさく:1926~2012)

系統:鳴子系

師匠:大沼信兵衛

弟子:海老名一郎/山口収一

〔人物〕 大正15年12月15日、山形県村山市楯岡の畳製造業土谷周蔵の長男に生まれる。終戦後海軍より復員後、仕事がなく、土工など種々の仕事を行なっていたが、やがて村山市楯岡の県指定授産木工所に勤めることになった。昭和23年頃、この授産木工所に木工技術の指導に来たのが鳴子の大沼新兵衛で、土谷幸作はこの新兵衛について木地の修業を行うことになった。挽いたものは主に、盆や茶托など実用的な器物であった。この授産木工所では新兵衛の他に天野正右衛門や佐藤養作も指導を手伝っていた。
数ヶ月づつ二回の講習のあと、鳴子に戻る新兵衛は授産木工所の弟子の中から、幸作一人を呼んで、こけしの作り方を教えたという。
新兵衛が去った後も幸作は木工所に引き続き勤めたが、当時住んでいた借家の縁側の片隅に足踏みロクロを据えて余暇を見つけては木地の技術や、こけし作りを練習したという。
鳴子にも何回か出かけて、新兵衛から指導を受けることもあった。
その後、朝鮮戦争の頃、警察予備隊の募集に応じて入隊、また先輩からの勧めもあって、警察予備隊を除隊し、山形相互銀行に入行、銀行員として20年ほど勤めた。昭和32年師匠の新兵衛が亡くなってから、こけしのことが心中を去来するようになり、昭和48年頃から少しづつこけしを作る様になった。昭和52年銀行を定年退職してからは、楯岡の東沢公園内の工房で本格的にこけし製作に取り組む様になった。このころ東根の山口収一が弟子となってこけしを造り始めた。また楯岡の蛯名一郎が平成3年より幸作について木地の修業をはじめ、平成8年からこけしの製作を始めた。平成24年2月8日没、行年87歳。

土谷幸作

〔作品〕 授産木工所の弟子の中から幸作を選んでこけしつくりを伝授してくれた新兵衛への敬意は非常に篤く、新兵衛の型を忠実に継承する事に努めた。  

〔25.3cm(平成8年)(高井佐寿)〕

〔伝統〕 鳴子系

〔参考〕

[`evernote` not found]