佐竹辰吉

佐竹辰吉(さたけたつきち:1895~1936)

系統:鳴子系

師匠:高橋亀三郎

弟子:

〔人物〕  明治28年(推定)栗原郡一迫町の農家に生まる。明治40年13歳ころ鳴子にきて高橋亀三郎の弟子となる。体は弱かったが腕の立つ工人であったという。久しく高亀の職人をつとめ、こけしも作った。昭和11年2月10日没、行年42歳。

 〔作品〕  〈こけしと作者〉には7寸の辰吉名義のこけしが掲載されている。武蔵とやや筆法は異なるが、型は全く同一である。髪飾りの小さい、広い額のこけしであった。鳴子系直蔵系列で武蔵の影響が強い。
 高亀の職人として長く働いており、こけしも作ったので、高橋武蔵名義の蒐集家蔵品中に佐竹辰吉の作品が時にまぎれていることがある。
下掲写真はらっここれくしょん収蔵番号348長谷川良二寄贈と記されているこけし。作者名は記されていないが高亀の工人作であることは確かであり、一応佐竹辰吉作ということで落ち着いている。この時期の高橋武蔵作に似ていて鑑定は難しいが、表情やや鋭角的で、武蔵の目じりの下がった愛嬌のある表情とは幾分異なる。鈴木鼓堂コレクション中にも同寸法で同趣の作があり、これも辰吉作とされる。
なお〈こけし辞典〉の佐竹辰吉項目に鼓堂蔵の立ち子の写真が掲載されているが、この写真のこけしは辰吉というよりむしろ武蔵ではないかと思われる。


〔14.5cm(昭和5年)(らっここれくしょん)〕

系統〕 鳴子系直蔵系列 高橋正吾による復元がある。

〔参考〕