広井道顕

広井道顕(ひろいみちあき:1933~)

系統:遠刈田系

師匠:広井賢二郎/我妻吉助

弟子:

〔人物〕    昭和8年3月3日、広井賢二郎長男として東京市城東区大島3丁目に生まれた。母は神田美土代町の大工の娘加藤としである。広井家は代々徳川家の番医(御殿医)の家柄であって、9代目の照顕から東京市本所柳原町で木地挽きを始め、木地屋としては初代で、2代目朝顕、3代目が父の賢二郎である。従って道顕は、木地師としては4代目で、幼い頃から轆轤に親しみ、足踏轆轤と刃をなました鉋で木地挽きを習った。やがておもちゃを中心に何でも挽きこなし、江戸風の木地玩具、虫切りのおしゃぶり、腰下げなどや、江戸独楽を作った。 昭和20年3月の東京大空襲で焼け出されるまで、父賢二郎と弟政昭と共に江東区上大島で木地を挽いていたが、その後都内で、麻布、白金台でも焼け出され、昭和20年6月宮城県白石市に疎開した。白石郊外の福岡村で傘轆轤を使って玩具等を作ったが、やがて市内の「とらや」で木地挽きをした。当時渡辺幸九郎、佐藤雅雄、鎌田文市等弥次郎系の工人が居り、こけしを覚えることとなる。 昭和22年12月に一家で仙台市北二番町に移住、さらに昭和25年には仙台東七番町に移った。当時仙台では佐藤巳之助、佐藤賢治、海谷吉右衛門、朝倉英二等が木地を挽いていたが、昭和26~27年ころから、同地の我妻吉助に就き旧型こけしを作るようになる。昭和39年弟政昭は横浜に移住、同45年1月4日父賢二郎が78歳で亡くなり、その後も同地で木地を続けた。現在は仙台市太白区秋保町湯元の秋保工芸の里で店を持ち、木地挽きを続けている。 仙台時代の弟子に佐野勉、本田裕輔が居り、秋保に移ってからの弟子に前田良二、桜井美沙、山田恵里がいる。また独楽の指導を受けたものとしては、前記の弟子のほかに新山実、新山民夫、鎌田孝志、星定良、渡辺英雄(新型木地下)、嶋村幸二(大工)、鈴木功(技官)らがいる。

広井道顕 平成26年6月1日

広井道顕 平成26年6月1日

〔作品〕  こけしは吉助からの伝承で、吉助流の松之進型であるが、頭部は比較的丸く面描は細いが張りがあり、どこか江戸前の粋な所がある。胴模様は重ね菊、旭菊などを描く。こけしは専門ではなく、数多く作らないが、決して凡手ではない。ただし本領は江戸独楽、木地玩具である。

〔30.3cm(昭和40年代)(高井佐寿)〕
〔30.3cm(昭和40年代)(高井佐寿)〕

系統〕  遠刈田系吉郎平系列

〔参考〕

2013年9月 江戸独楽の名工 廣井道顕さん  ことりTV

 

[`evernote` not found]