松田清次郎

松田清次郎(まつだせいじろう:1870~1900)

系統:南部系

師匠:安保彌次郎/安保彌市郎

弟子:煤孫茂吉/寺沢政吉/坂下権太郎

 

 

 

 

孫の松田弘次によるハズミ車応用足踏みロクロの実演

盛岡のハズミ車応用足踏み旋盤は、明治23年に日本鉄道が盛岡まで開通した直後に、松田清次郎と煤孫茂吉が、その盛岡車両修繕工場で、西洋のハズミ車の付いたミシン式の足踏み旋盤を見たことが契機で、それをもとに二人で工夫して開発したものだった。

松田弘次の実演   東北文化財映像研究所ライブラリー映像館