タグ別アーカイブ: 新山さと

新山さと

〔人物〕 明治3年6月11日、宮城県柴田郡大谷村菅野万三郎三女に生まる。明治20年弥治郎新山久治郎の後妻となる。久治、久之助、勇、福太郎、左内、定雄、吉雄の母。久治郎の木地に盛んにこけしの描彩をしたが、大正末期に中止した… 続きを読む

新山久治

〔人物〕  明治21年8月19日、宮城県刈田郡八宮村(現在白石市弥治郎)新山久治郎・さとの長男に生まる。 久治の家は祖父久蔵が、文久元年に新山友蔵家から分家した家、友蔵家は白石藩主片倉家から知行書を受けていた家… 続きを読む

新山真由美

〔人物〕 昭和40年8月19日団体職員伊藤文雄の長女に生まれる。弥治郎のこけし工人新山吉紀と結婚し、描彩を行うようになったが、さらに昭和63年6月より木地挽きを学んだ。   〔作品〕   〔右より 1… 続きを読む