高橋久宗

高橋久宗(たかはしひさむね:1930~2019)

系統:木地山系

師匠:伊藤常治

弟子:

〔人物〕  昭和5年10月25日、高橋与右衛門の長男として生まれた。
昭和47年10月より伊藤常治について木地の修業を行い、昭和48年10月からこけしを製作を始めた。
秋田県皆瀬村にあった家の作業場裏には広い畑があり、農作業を続けながらこけしの製作を行った。
令和元年9月3日没、行年数え年90歳。

〔沼倉孝彦の儀一郎型を持つ高橋久宗(沼倉孝彦撮影)〕
沼倉孝彦工人作の儀一郎型を持つ高橋久宗(沼倉孝彦撮影)

〔作品〕  伊藤常治の作風を継承し、顔料で描いた小安こけしを作った。二尺、三尺の大寸ものも作り、若い頃には独りで六尺くらいのこけしも挽いたという。

〔31.3cm(平成8年)(高井佐寿)〕
〔31.3cm(平成8年)(高井佐寿)〕

〔伝統〕  木地山系

[`evernote` not found]