高橋通

高橋通(たかはしとおる:1953~)

系統:土湯系

師匠:高橋忠蔵/高橋佳隆

弟子:高橋順子

〔人物〕 昭和28年1月13日、東京都日野市百草園会社員高橋佳隆、昌子の長男に生まれる。立教大学法学部在学中の昭和50年頃より祖父高橋忠蔵、父高橋佳隆について木地を習得した。昭和51年大学卒業後、正式に作品を発表するようになった。東京では教員生活を送る合間のこけし製作であった。平成12年に原ノ町に移り、こけしの製作に専念するようになった。妻の順子も平成14年頃よりこけしの製作を始める様になった。
平成23年の東日本大震災で被災し、住居が福島第一原発から23kmという避難地域にあったため、家族で白河の知りあい宅に避難、そして、南会津町のペンション、半年後に、山形市と転々とした避難生活を送った。その期間は周期的に原ノ町の家へ通ってこけし製作を続けるという日々であった。
避難指定解除後にようやく福島県南相馬市原町区大木戸の自宅に戻ることができた。

高橋通  撮影:佐藤 健兒朗

   

〔作品〕下掲写真は昭和50年の習作時代のこけしであるが、鯖湖古作の情感を十分に表現した佳作であった。技術以前に、感覚の確かさが感じられる作品だった。


〔右より」18.5cm、18.6cm(昭和50年)(橋本正明)〕

〔右より 16.8cm、16.8cm(昭和50年)、達磨の初作2個 (橋本正明)〕
〔右より 16.8cm、16.8cm(昭和50年)、達磨の初作2個 (橋本正明)〕

〔伝統〕土湯系鯖湖亜系

[`evernote` not found]