高橋佳隆

高橋佳隆(たかはしよしたか:1927~1995)

系統:土湯系

師匠:高橋忠蔵

弟子:高橋通/高橋美恵子

〔人物〕 昭和2年11月21日、福島県相馬郡原ノ町高ノ倉の柴田良治・ハナの二男に生まれる。昭和20年より、原ノ町の高橋忠蔵の弟子となって木地の修業を行った。昭和23年師忠蔵の三女昌子と結婚、養子縁組をして高橋姓となった。
その後、木地業を中断して原の町役場に勤務した。昭和28年に長男通が誕生した。昭和29年には上京して、京王帝都電鉄に入社、管財部用地課で勤務した。当初は会社の寮生活であった。昭和35年、住居を東京都日野市百草317に構えた。その年に義父高橋忠蔵が原ノ町の家を引き払って日野市百草園の佳隆の家に移り、同居するようになった。昭和36年に忠蔵はこの家の一隅に工房を構えてこけしを製作した。佳隆も昭和37年ころより、勤務の傍らこの工房でこけし製作を行うようになった。原ノ町時代は木地のみで描彩はさせてもらえなかったので、昭和37年が初作である。忠蔵を訪ねる蒐集家から、佳隆のこけしも求められるようになりすこしづつ作るようになったが、本格的に作り始めたのは昭和46年ころである。日曜や会社の年次休暇はほとんどをこけし製作に費やした。佳隆の長女は大阪の忠蔵庵相良都義に嫁した。昭和49年に高橋忠蔵の個展が小田急百貨店であり、そのころから会社とこけし製作の両立が難しくなったので、昭和51年1月に会社を辞し、こけし製作専業となった。長男の通もこのころから木地を学んでこけしを作るようになった。
昭和56年に義父の高橋忠蔵が他界した。
佳隆の次女美恵子も昭和56年よりこけしの描彩をはじめ、昭和57年春頃からは佳隆について木地の修業も始めた。
昭和61年、一家で福島県原ノ町市に移り、工房を開いてこけし製作を続けた。平成7年5月12日没、行年69歳。

高橋佳隆

高橋佳隆

〔作品〕 高橋佳隆の自挽き自描の初作は昭和37年に東京のこけし店たつみで少数頒布された。初出の文献は三彩社〈こけし〉(昭和40年)。


〔25.0cm(昭和37年)(橋本正明)〕 初作 

昭和48年ころから、鯖湖の鯨目を追求した面描になった。

〔右より 16.4cm、16.4cm(昭和51年)(橋本正明)〕
〔右より 16.4cm、16.4cm(昭和50年)(橋本正明)〕


〔30.9cm(昭和51年)、29.2cm(昭和62年)(高井佐寿)〕

〔伝統〕土湯系鯖湖亜系

〔参考〕

[`evernote` not found]