三春文雄

三春文雄(みはるふみお:1954~)

系統:木地山系

師匠:小野寺正徳

弟子:

〔人物〕 昭和29年8月29日、秋田県雄勝郡稲川村三梨の農業三春久一の長男に生まれる。学校を卒業後、親戚が経営していた三春仏壇店に勤めた。若い頃から木地技術に興味があり、やはり親戚で木地を挽いていた三春広義の仕事などを見たりしていた。昭和50年代の後半に転職して、仏具店より稲庭絹女うどんの高橋東一本舗に移った。
このころに仕事の合間に木地を挽くようになり、技術は主に井上周治に習った。こけし製作にも意欲があったので、小野寺正徳より描彩の指導を受け、昭和63年頃よりこけしの製作を行っている。会社の要職を勤めながらの製作であったため、数多くは作れなかった。定年後も引き留められて仕事を続けたが、平成28年に無事退職することが出来、ようやくこけし製作に専念できるようになった。

三春文雄 平成28年

三春文雄 平成28年

三春文雄 平成29年7月1日 巣鴨高岩寺実演

〔作品〕 木地山系の各種のこけしを研究して作っている。
小椋石蔵型のほか、樋渡治一型、小椋泰一郎型、久四郎の前垂れ型などを作る。
樋渡治一型は、治一の形態を基本に各種のバリエーションを作っていて興味深い。


〔24.0cm(平成13年)(高井佐寿)〕


〔右より 18.4cm(平成28年)、5.4cm、25.0cm(平成25年)(鈴木康郎)〕

系統〕 木地山系

〔参考〕

青葉こけし会の見聞こけしpodcast