小林正吉

小林正吉(こばやししょうきち:1899~)

系統:独立系

師匠:小林鶴次

弟子:

〔人物〕 明治32年4月11日盛岡市油町の赤澤辰之助・タマの4男に生まれる。母タマの妹フクが秋田県仙北生保内の桶屋小林亀治に嫁いでいた縁で、明治40年に亀治・フクと養子縁組をした。明治43年に亀治・フク夫婦に次男友次が誕生。明治45年に尋常小学校を卒業すると、秋田市登町で木地業をしていた叔父の小林鶴次について木地を学んだ。大正9年年期があけると湯沢市の木工所で職人として働き、家具関係の木地を挽いた。大正13年生保内に帰って独立開業、家具・農具などを挽いた。田中舜二聞き書きによると、昭和12年頃に廃業したという〈伊勢こけし・125〉。ただ戦後も木地を挽き続けていたようで昭和46年の時点ではロクロも道具も揃っており、こけしの形態を挽いて見せた。いつ頃まで木地を挽いていたか不明。その後の消息もはっきりしない。

小林正吉 昭和46年8月 写真掲載のこけしを挽いている
小林正吉 昭和46年8月5日
下掲写真に掲載のこけしを挽いている

〔作品〕 川口貫一郎が昭和12年に発行した「こけし作者一覧番付」に羽後角館の作者として小林正吉の名が見える。ただし、戦後の川口貫一郎はこの情報の出所を記憶しておらず、その経緯は不明である。小林正吉は、田中舜二に「秋田の小林鶴次のところで働いていた時、仙台の天江富弥が訪ねてきたことがある」と語っていたそうであるから、あるいは天江経由の情報であったかもしれぬ。また、〈こけしと作者〉で橘文策は生保内の小林正吉として紹介し、「私が一見におよんだものは木村弦三氏のコレクションの中であった。イタヤ材を用ひて徳利に目口を描いたようなこけしであった。木地山系と記憶しているが、全くたいしたものでなかった。」と書いている。ただし、正吉自身は木地は挽いたが、全く描彩をしたことはないと言っていた。
昭和46年8月に橋本が生保内武蔵野に正吉を訪問した時には、木地のみ挽いてくれた。こけしの木地の形はしっかりしており、ある程度の量を挽いたことは確かである。誰の依頼でこけしの木地を挽き、どこに卸したのかは記憶がはっきりしない。
当初の紹介が羽後角館であることから平瀬貞吉との関係も考えられる。貞吉は桜皮細工師で造形感覚があり、小林鶴次の木地に描彩したといわれている。ただし貞吉が作ったこけしの数は限られているから、生保内、角館近辺に他にも描彩者が居たかも知れない。

〔16.3cm(昭和46年8月)(橋本正明)〕
〔16.3cm(昭和46年8月)(橋本正明)〕

〔伝統〕 不明であり一応独立系としておく。