小椋宏一

小椋宏一(おぐらこういち:1931~2003)

系統:木地山系

師匠:小椋久太郎

弟子:小椋利亮

〔人物〕  昭和6年1月20日、秋田県皆瀬村川向(木地山)の小椋久太郎・ミヨの長男に生まれる。昭和19年小学校卒業後、父久太郎のもとで木地の手伝いを行った。昭和26年より本格的に木地の修業を開始、久太郎のこけし木地を挽いたり、田畑の作業を行った。
自分の描彩によるこけしはほとんど作らなかったが、依頼されてまれに描くことがあった。
平成15年12月18日没、行年73歳。

小椋宏一 昭和50年
小椋宏一 昭和50年


小椋一家 昭和50年
左より 宏一、留三、久太郎、ミヨ、利亮、リヨ

〔作品〕木地山のこけしは久太郎がほとんど描いていたので、久太郎生前は、長男宏一や孫利亮が本格的に描くということはなかった。蒐集家の要請でまれに描彩することはあった。

〔18.9cm(平成元年)(高井佐寿)〕
〔18.9cm(平成元年)(高井佐寿)〕

系統〕 木地山系 

 

[`evernote` not found]