高橋達子

高橋達子(たかはしたつこ:1921~)

系統:鳴子系

師匠:高橋盛雄

弟子:

〔人物〕 大正10年2月10日、宮城県玉造郡川渡大口の東北電力社員阿部清助・とみのの三女として生まれた。戸籍表記はたつ。川渡小学校、岩出山実科高等女学校を卒業。昭和24年鳴子こけし工人高橋盛雄と結婚した。こけし工人であった高橋敏文は二男である。
絵心があり昭和37年ころよりこけしの描彩を始め、店頭に並べるようになった。
高橋敏文が平成12年5月に、夫の高橋盛雄が同年9月に亡くなった。
その後、鳴子を離れ仙台に移ったが、まもなく亡くなったという。没年月日等は不明である。

高橋達子 昭和42年

〔作品〕絵を描くのが好きだったと言うだけあって、女性ながら筆致はしっかりしており、情感のあるこけしを作った。胴模様は菊・楓など高勘の型を一通り描いた。


〔27.3cm(平成8年)(高井佐寿)〕

〔伝統〕鳴子系利右衛門系列

 

〔参考〕

[`evernote` not found]