早坂政弘

早坂政弘(はやさかまさひろ:1961~)

系統:遠刈田系

師匠:佐藤正廣

弟子:

〔人物〕 昭和36年4月15日、林業梅津政蔵の二男に生まれる。12歳のとき父が亡くなり、また母も体が丈夫ではなかったので、手に職をつけることを考え 中学校を卒業後昭和51年より佐藤正廣について木地の修行を始めた。仙台市青葉区芋沢字大竹新田の佐藤正廣の工場で約20年間にわたり技術を磨いた。 平成3年頃より自分の名義のこけしも製作するようになった。木地の腕の立つ正廣の下で指導を受けたので、茶櫃、茶筒はじめ一通りの木地製品は挽くことが出来る。
平成8年近くの芋沢字沢田下に早坂政弘木目工房を開設して独立した。

早坂政弘
早坂政弘 撮影:佐藤健兒朗

早坂政弘 平成28年7月2日 東京巣鴨高岩寺実演
早坂政弘 平成28年7月2日 東京巣鴨高岩寺実演

〔作品〕 師匠佐藤正廣ゆずりのこけしを作る。

〔24.0cm(平成9年)(高井佐寿)〕
〔24.0cm(平成9年)(高井佐寿)〕

〔12.4cm(平成28年6月)(橋本正明)〕
〔12.4cm(平成28年6月)(橋本正明)〕

こけしの他、各種木地玩具や、木地製品をつくり、またこけしの変形として多様な木地人形も作っている。

系統〕 遠刈田系吉郎平系列

宮城県仙台市青葉区芋沢字沢田下15