山尾武治

山尾武治(やまおたけじ:1902~1971)

系統:遠刈田系

師匠:佐藤三蔵/菅原庄七

弟子:山尾昭

〔人物〕 明治34年6月30日、水戸屋旅館山尾今朝三郎五男として秋保町湯元字薬師に生まる。大正5年より佐藤三蔵に弟子入りして同7年まで木地挽きを修業した。師三蔵はこの頃すでにこけしは全然作らなかったため、兄弟子菅原庄七のこけしを見て覚えた。以前、秋保村立職工学校で、木地挽きを教えていた鳴子の遊佐幸太郎を頼って、大正10年頃に鳴子に修業に行ったが、どの店も職人として雇わなかったため、岩手県九戸郡九戸村山根の木地講習会で修業して、同11年ころ帰郷した。以後秋保を離れず木地挽きを続け、昭和17年ころには長男昭も一時木地を挽いた。戦後もこけしを作り続けたが、昭和46年6月13日病を得て没した。行年70歳。

山尾武治 昭和17年6月10日 撮影:加藤文成
山尾武治 昭和17年6月10日 撮影:加藤文成

山尾武治

〔作品〕 山尾武治初出の文献は、昭和14年〈木形子〉とされているが、その名は以前からすでに紹介されているようである。〈こけしと作者〉所載のものでは明らかに菅原庄七型で緑ロクロ線を入れ、髪飾りの極端に多い頬紅の赤が目立つものであった。一部収集家には不評であったが、〈古計志加々美〉はむしろ庄七を凌駕する妙趣ともいっている。
〈こけし鑑賞〉所載の久松蒐集品は、あるいは大正期の伝山尾武治(大正11年帰郷後か)であるが、筆勢の鋭い、目の切れた傑作であった。ただし、武治作と確定されたものではない(項目末尾の写真参照)。
〈愛蔵図譜〉の秋保作者不明という大名物もあるいは武治かもしれず、この工人をひそかに高く評価する収集家は少なくない。昭和10年代、彼の勇ましい酒の飲みぶりに、辟易した蒐集家からの不評は作品の評価とは別の次元のものである。ただし昭和10年代後半になってからの作、とくに戦後のものは一般的な嗜好に沿ったためか、情味がうすれ、運筆も機械的になり、彼本来の持ち味と変わってしまった。また息子夫婦の描彩のものもあり、どこまで彼一人の作なのかつきとめ難い。
また、大正期の伝武治とされた注目すべき作は、果たして本当に武治のものであるのか、製作年代は本当に大正期にまでさかのぼれるのか、研究の余地がある。
確実に山尾武治作の物では、昭和初期の小野洸旧蔵品〈伝統こけしとみちのくの旅〉とここに紹介するらっここれくしょん(〈古作図譜〉所載および米浪旧蔵品などが代表的な作であろう。

〔24.8cm(昭和初期)(らっここれくしょん)〕
〔24.8cm(昭和初期)(らっここれくしょん)〕

〔30.8cm ・12.2cm(米浪旧蔵)〕
〔30.8cm 、12.2cm(昭和初期)(河野武寛・米浪旧蔵)〕

〔伝統】遠刈田系秋保亜系。
長男の昭、孫の広昭、裕華夫妻もこけし製作を行っている。

〔参考〕 〈こけし鑑賞〉で伝山尾武治と言われた秋保古作

大正期の伝山尾武治 [ 21.2cm(大正期)(久松保夫旧蔵)〕
伝山尾武治  〔 21.2cm(大正期)(久松保夫旧蔵)〕

 

 

[`evernote` not found]