佐藤実

佐藤実(さとうみのる:1932~)

系統:鳴子系

師匠:桜井万之丞/桜井昭二

弟子:

〔人物〕昭和7年12月27日、鳴子のこけし工人桜井万之丞・コウの二男に生まれる。昭和20年3月鳴子尋常小学校を卒業し、父万之丞について木地の修業を開始した。昭和22年頃より、こけしの製作も行うようになったが、実名義のこけしを店に並べるようになったのは昭和32年ごろからであるという。昭和36年頃から、妻の実家の佐藤姓を名乗るようになった。
昭和38年頃から万之丞の兄大沼甚四郎の型を作るようになった。昭和43年に兄昭二の元を離れ、上鳴子で独立開業した。


右:佐藤実

〔作品〕

 

 

〔24.5cm(昭和45年2月)(橋本正明)〕大沼甚四郎型
〔24.5cm(昭和45年2月)(橋本正明)〕大沼甚四郎型

系統〕 鳴子系岩太郎系列

[`evernote` not found]