カテゴリー別アーカイブ: 土湯系

竹石秀徳

〔人物〕 昭和13年2月6日福島市の公務員竹石寅吉の長男として生まれる。佐久間粂松のこけしに憧れていたため、平成10年勤めを退職後61歳より、土湯の渡辺恒彦について木地を修業し、念願の粂松型の製作を始めた。平成19年病に… 続きを読む

稲毛豊

〔人物〕 昭和4年2月19日、福島県飯坂の会社員稲毛常次郎の長男として生まれる。もともとは板前として働いていたようであるが、家が近所であったこともあり、喜平のもとへ行って弟子入りを頼んだ。昭和47年5月に渡辺喜平に弟子入… 続きを読む

野地三起子

〔人物〕 昭和32年5月13日福島市の木地業野地忠男の長女に生まれる。結婚して佐藤姓となり、夫とともに学習塾を経営、英語を教えている。平成21年6月から父忠男に就いて木地描彩を学ぶ。平成22年3月から佐藤三起子名義で作品… 続きを読む

渡辺定巳

〔人物〕 大正6年3月8日、渡辺治作・イクの次男として土湯に生まれる。父は林業に従事し、箆や下駄を作ったが、特に箆作りの名人といわれた。昭和3年3月上洛尋常小学校卒業、父の業を継いでいたが、昭和42年1月より弟の等につい… 続きを読む

高橋賢三

〔人物〕 昭和14年12月11日土湯の高定商店に生まれる。母は高橋仲代。昭和49年ころから阿部広史について木地を修業、阿部計英からの指導も受けた。昭和51年ころよりこけし製作を始めた。 〔作品〕 師匠は阿部広史であるが、… 続きを読む

高橋昌子

〔人物〕 昭和8年2月19日福島県原ノ町市の木地業高橋忠蔵・ミンの三女に生まれる。父忠蔵の弟子であった柴田佳隆と結婚、佳隆は忠蔵の婿養子となった。その後、昭和29年に佳隆は京王帝都電鉄に就職、その勤めの関係で昭和35年4… 続きを読む

野矢俊文

〔人物〕 昭和21年9月26日生まれ。瀬谷重治に師事して木地の技術を習得した。瀬谷幸治とは相弟子にあたる。昭和53年より小寸のこけしから製作を開始した。この昭和53年に次男里志が誕生した。 平成25年10月より里志に木地… 続きを読む

西山辨之助

〔人物〕  嘉永5年11月13日、福島県信夫郡土湯村上ノ町の西山濱吉、サクの長男に生まれる。名前表記は文献によって「辯」「弁」が使われるが、戸籍上は「辨」が正しい。 父濱吉は佐久間亀五郎二男、土湯の首の回るこけしの創始者… 続きを読む

佐久間弥七

文政5年土湯に生まる。木地業稲荷屋佐久間亀五郎の長男。西屋の西山濱吉(二男)は弟である。幼少時より父につき木地修業。父創案のでこに工夫し、首の回る弥七でこを作った。13歳で父に死別し、母が綱取りをしよく働いて稲荷屋の財産… 続きを読む

渡辺義徳

〔人物〕 昭和26年12月14日、福島県飯坂のこけし工人渡辺喜平の次男に生まれる。父喜平について木地の技術を学び、昭和50年頃よりこけしの製作を始めた。ただし、こけしの製作期間は短く、間もなく転職した。こけし作者渡辺幸典… 続きを読む