カテゴリー別アーカイブ: 木地山系

小南三郎

〔人物〕 昭和4年7月27日、秋田県湯沢市皆瀬字板戸の農業小南清吉の三男に生まれる。兄が病弱だったため生家の農業を継ぎ、若い頃は青年会運動に参加して活動した。日本放送協会秋田放送局の番組で「二、三男の問題について」という… 続きを読む

小椋宇三男

〔人物〕  昭和11年12月24日、小椋多平・まつの長男として、滋賀県永源寺町で生まれる。女6人、男2人の8人兄弟であった。家業である木材チップ工場を経営していたが、日本の木地師発祥の地である永源寺で木工業を復活させるた… 続きを読む

本間功

〔人物〕 昭和10年8月14日、秋田県雄勝郡東成瀬村椿川の学校教員本間嶋蔵・リヨの三男に生まれる。生家が山林を持っていたので小学校のころより木地細工を好み、木彫りの熊や家具類を製作していた。子供のころから手を使う職人にな… 続きを読む

小椋米吉

〔人物〕  明治15年3月15日、秋田県雄勝郡皆瀬村川向(木地山)小椋東右衛門(小椋吉左衛門三男)・ハル(小椋勇右衛門長女)の長男に生まる。明治26年11歳のとき、一家で川連大館へ下る。小椋吉左衛門の家督は東右衛門の長兄… 続きを読む

小野寺正徳

〔人物〕   昭和23年6月13日、小野寺徳一(父)の長男として秋田県川連町大館に生まれる。 湯沢北分校卒業後、2年間塗師をやり、その後1年間椀木地を習った。 立木物は父・徳一に習い、昭和40年よりこ… 続きを読む

佐藤留治

〔人物〕 明治4年秋田県小安温泉に生まれる。雄勝郡の水上沢より明治31年に川連大館におりてきた木地師小椋養治(小椋泰一郎の父)は、時々山仕事で小安の奥に入り、小屋をかけて木地を挽いていた。 留治はそうした折に養治について… 続きを読む

高橋兵治郎

〔人物〕   明治31年2月11日、秋田県川連村の木地業高橋徳左衛門・ヱクの二男に生まれる。 文献によっては兵次郎と記載しているものもあるが、戸籍表記は兵治郎である。 大正初年より、父の高橋徳左衛門について木地を学んだ。… 続きを読む

井上友里

〔人物〕  昭和56年生まれ。湯沢のこけし作者・井上周治(名兵衛)の孫。 〔作品〕  周治木地に描彩のみ行う。 眼点非常に大きい一側目で、奔放な胴模様が面白い。下掲写真中央の沼倉蔵・平成19年の周治型は秋田こけし会例会で… 続きを読む

井上周治

〔人物〕   大正12年12月4日、井上虎二郎(農業)の長男として生まれる。 現住所は秋田県湯沢市三梨町。 昭和44年よりこけしを製作する。 工人名・名兵衛を名乗り、仏具・神具等の製作の傍ら、こけし製作に取り組んでいる。… 続きを読む